華麗なるADHDの転職

ADHDによる仕事ブログ。転職回数33回

弁当屋さんのアルバイト体験談!食べ物目当てで働いてたよ

この記事をシェアする

弁当屋バイト

 

私はお弁当屋さんで働いていたことがあります。

時給850円で安かったんですが、お弁当目的で働いていましたね!

 

今回は弁当屋さん体験記を語ります!

 

お弁当屋さんの仕事内容

私が働いていたお弁当屋さんは、ちょっとリッチで値段も高かったです。

全部手作りで、コンビニ弁当とはワケが違うのです。

 

 

お客さんのオーダーを聞いて、ご飯を詰めて販売する半オーダーメイドスタイルでした。弁当作りは店長の仕事で、基本的には仕事は販売と接客と清掃だけです。

 

 

富裕層向けの店だったせいか、そんなに忙しいこともなくマッタリ働けました。

 

よく店長や隣の店の人とお喋りして過ごしていました。

 

 

弁当屋で働くメリット

1日しか日持ちしないお弁当だったので、毎日お弁当が廃棄されるんですね。

 

私は出勤のたびに毎回破棄する予定の弁当をもらって帰っていました。

最高で10000円相当のお弁当を持って帰って、家計をかなり助けました。

 

しかし店長の考えが変わって弁当は破棄する方針に変わったので、弁当屋を辞めました。

 

昼間の勤務だとお弁当は破棄になるかまだ決まってないので貰えないです。

夜のシフトに入ってる人の限定の特典でした。

 

弁当を貰えないのに安い時給で働くのがアホくさくなって辞めました。

 

飲食店や店長の方針で、食べ物が破棄されるか貰えるかが決まるので、入社するまで確かめようがないです。

 

弁当屋のデメリット

  • 給料が安い
  • 立ち仕事
  • 制服がダサイ
  • 男が店長しかいない

 

飲食店は給料が安いところが多いですよね。

 

食べ物がもらえるとか、まかないを提供してくれるとかオプションがないと魅力がないですね(断言)食べ物を貰えない飲食店のバイトをやる意味が分かりません。

 

それでバイトに食べ物を捨てさせるとかバカ野郎って思ってます。

 

食品廃棄率が社会問題になってるし、食の神様がお怒りであるぞと言いたいですね。

 

 店長とは仲良しだったんですが、弁当をくれなくなってから、めっちゃ嫌いになってしまいました。いまだに弁当を突然くれなくなったことを恨んでいます。

 

面接対策

  • 見た目が清潔である
  • 挨拶ができる
  • シフトに入れる

 

飲食業は清潔感が命です。

明るい髪や厚化粧はNGです。

特に爪はうるさくネイルアートしながら弁当屋で働きたいとか愚の骨頂。

 

オシャレとは無縁な仕事なので、オシャレ大好き人間は止めておきましょう。

 

また働いてる人のほとんどがパートの主婦なので、なかなか辞めません。

夜にも入れると採用されやすいかもしれません。

 

 

弁当屋のバイトの探し方

地道に求人サイトや情報誌で確認すると良いですね。

 

なんとしてでも弁当屋で働きたいという人いるかは不明ですが。

 

これから弁当屋で働く人へのメッセージは「廃棄弁当を貰えると良いね…★」です。

頑張ってください。